【体験談】アメリカの「クレイジー」な大統領選

こんにちは、現在カリフォルニアに滞在しているup主です。

 

大統領選ももうすぐ投票締め切りですね。

私の周りの人たちも投票を済ませて

「やっとこのクレイジ―な日常から解放されるー!」

と喜んでいます。

 

 

2か月前から滞在していますが、

アメリカの選挙制度は日本と異なっていることに驚きが多いです。

 

日本では選挙候補者の演説は限られた時間、限られた枠で行うことで、

それぞれの候補者の公平性を重視していますが、

アメリカの選挙戦はそういった配慮は全くないっぽいです。

 

テレビを見れば、

「トランプに投票しよー!」

「ヒラリー最高ー!」

「トランプは時代遅れでーす!」

なんていうCMが目白押し。

 

大統領選と一緒に、法案の投票も行うのですが、

それに関しても、

「法案55番は医療関係者の敵です。」

「法案37番は煙草を規制して国民の健康に貢献します!」

「法案44番は子供がいる親に負担を強いるものです。」

(番号、内容は適当)

という感じで「YES投票しよう!」「NOに投票しよう!」と

そんなことばっかり放映されます。

 

さらには、個人宅の郵便物の中にも

「法案55番を支持しよう!」というDMが届いたり、

自宅に備え付けの電話にも

「political callでーす!法案44についてー」

という留守電が一日に2-3件あり、

Youtubeにも「トランプに投票しようぜー!」

なんていう広告が表示され、

とにかく「クレイジー」なのです。

 

郵便での投票を終えたアメリカ人の大家さんは、

留守電の「political call」に「Shut up!」と言いながら

伝言削除ボタンを押していました。

 

投票の行方がどうなるかはわかりませんが、

私がこれまで出会った人たちはみんなヒラリー支持者ばかりでした。

 

以上、カリフォルニアの海沿い辺りからお伝えしました!

広告を非表示にする